宇宙無重力整体の由来

 

・宇宙無重力整体って?

・宇宙無重力マッサージと違うの?

・どんな整体なの?

・名前の由来は?

こう聞かれることが多いので、宇宙無重力整体の由来をご紹介します。

 

経歴

普通科高校卒業後、4年制の看護専門学校入学し3年生のときに中退。

専門学校時代にアルバイトをしていた飲食店で正社員として入社。

社内で2店舗を経験し、2店舗目で副店長に。

店長になるためのライセンス取得後、会社を辞めて整体師へとなる。

 

カラダに興味を持ったきっかけ

それは小学生の頃でした。元々なんの取り柄もなく、身長も小さめで吹けば飛ぶようなひょろひょろな小学生でした。力も無く、これといった特技も無く、性格も弱気で優柔不断でイジメの対象になりやすい男の子でした。

当時、同学年の生徒はやんちゃな子が多かったので、ケンカごっこなどがよくありました。力も弱く、運動神経も良くなかった僕は何をしてもパッとしませんでした。
学校には、「朝読書」という授業の前に本を10分読む時間というのがありました。僕は当時読解力というものがまるで無く、小説を読んでもサッパリ話の意味がわかりませんでした。そんなときに、たまたま「身体のツボが書いてある本」を手にしました。その本を読んでいると、「押すだけでカラダが変わるんだ!」と衝撃を受けました。
そのときに身体の仕組みについて触れたのがきっかけです。

身体のツボの場所を調べては自分の身体で実験し、同学年の生徒を捕まえては実験していたということがありました。そうしているうちに、「捕まると痛いツボを押す変なヤツ」という認識が広まったのは言うまでもありません笑

陸上部時代の施術で部員を次々と眠りにつかせた過去

時間が経ち、高校生のときには陸上部に入部していました。そこで部活としていい結果は出なかったのですが、陸上部では部員同士で足のケアをするということがありました。
そのときに、ツボや揉み方を工夫して足の筋肉をほぐすのが得意だったので、「走る」より「ほぐす」方が部活の楽しみだったのは内緒です。笑
部活の合宿では、夜同じ部屋の部員同士で足のケアをしていたのですが、みんな僕のところに来てくれるのです。気がつけば夜中の3時まで足のケアをしていた頃もありましたね〜懐かしいです笑

そして、高校卒業後に独学で勉強していた知識などを活かして「マッサージ師になりたい!」と考えていたのですが、親から反対され健康関係のことが学べる、理学療法、作業療法、看護の専門学校を勧められました。
そこに医師が入っていなかったのは恥ずかしながら、勉強が全然出来ず高校時のテストは常に赤点付近をウロチョロしていま校りました。

高校のクラス内では、僕より頭のいい生徒が落ちたりしている中で合格できたので、こんな奇跡ってあるんだ!と内心すごく喜びました。

 

看護学生時代の葛藤

看護専門学校の勉強は僕にとって甘くありませんでした。ここでも記憶力や集中力の無さ、コミュニケーション能力の無さが満面の笑みを浮かべており、赤点をとったりギリギリすり抜けたりしながらなんとか3年次へと駒を進めることになりました。
1年次の6月から始めたアルバイトを辞めないからではないかと言われていたのですが、意地でも辞めずに貫いていました。

看護の世界が合わないと感じ出したのは病院の現地実習に入ってからでした。看護師という職業は医療行為をしてはいけません。あくまで医師のサポート業務などが主です。なので看護師自身が患者さんの症状改善をしてはいけないのです。

それまでの経験上で改善できた症状でも、看護師は改善してはいけないというもどかしさを実習の度に感じました。
例えば足のむくみや冷え、肩こりからくる頭痛など、これまで高校の部活で改善できていたものもできないのです。
常識的に考えると当たり前のことだとはわかっていますが、僕にとっては「財布に1000円以上入っているのに100円のパンを売ってもらえない」くらいの矛盾や理不尽さを感じました。

看護師を頑張っていても自分で患者さんの痛みや症状を改善してあげられないのなら辞めようと思い、看護専門学校を中退しました。

 

会社員時代の内緒の副業

それから、会社員になってからも健康系のセミナーに行ったり、自分でカラダの仕組みを調べたりということをしては、気になったことを誰かのカラダで実験したりというのを繰り返していました。

色々なところに顔を出している内に、交友関係も広がっていき、その当時仲良くさせて頂いた方の紹介で、あるリラクゼーションサロンでアルバイトをすることになりました。

そこではとにかく「しっかりと体重をかけて強く押す」ということを教わったのですが、「強く押す」だけでは症状改善に限界がありました。

 

痛みや不調などのの症状改善を目的にしようと思ったきっかけ

「強く押して欲しい」という需要はあります。でもその本質は何かということをお客様の話から細かく分解して考えていくと、

・強く押されて気持ち良さを感じたい
・強く押さないと身体が楽にならないと思っている

大きく分けてこの2つの需要に分かれるのではないか?と考えました。
そのお店では、初めて来店されたお客様に書いてもらうカルテがありました。その中には来店目的に「リラックスしたい」「痛みを和らげたい」「健康になりたい」という項目がありました。

その中で「痛みを和らげたい」の項目にチェックしている人が多く、話を聴くと

「なかなかどこに行っても楽にならない」
「痛みをなんとかしたいからそういう人を探している」

という声が多くありました。
これまではどんな施術を受けたんですか?と質問すると、
「色々触って押される」
「カイロプラティックや骨盤矯正」
「オイルマッサージ」

という声ばかりでした。

だったらそれ以外で痛みを和らげることができて身体が楽になる施術ができることに極振りしようと考えました。

まずは基礎からだと思い、野々市市のある整体院のスクールに通い、それと別に色々な身体の勉強をしました。
整体スクールでは、基本的な身体のバランスや症状が出たり改善する仕組み、王道〜早く筋肉を緩めたりする技術を教わりました。

 

現在の整体スタイルのベース。独立の決意

その基礎を元に勉強をしていくと、今の施術スタイルのベースのひとつにもなる、
「撫でて緩める」という技術を発見しました。

え?何それ!?っていう感じですよね笑

その施術は硬い筋肉を押したまま、ある法則に則って撫でると、押している筋肉が緩むというものでした。これは凄い!やっていて楽しい!ということで、お客様にもプライベートで会う人にも施術を試していました。

そうしていると、
「・・・え?マジック・・・」
「本当に押してる???」
「信じられない!」

という声を頂き、その中に
「フワっとする!」
「無重力みたい!」
「宇宙人ですか?」

というリアクションを頂くことがありました。この技術を使い出してから、首こり・肩こり・腰痛などの症状や痛みを和らげられる幅が大きく広がって、整体の施術をさせて頂く方にとても喜ばれました。それから、その理論を応用して色々な整体テクニックを作ったりしていくうちに、施術がリラクゼーションのもみほぐし・マッサージとはかけ離れたものになっていきました。この経験から身体の可能性って無限にあるなということを感じました。

独立しようと思って会社員を辞めたのはこの頃ですね。それは、

「今までで1番楽になった!」
「ラク!こんなに(カラダが)軽いの何年ぶりかな?」
「ここまでできるんだったらなんで本職にしないの?」

と色々な方に言ってもらえたからです。
こんなに喜んで貰えるのなら独立してみよう!と決意しました。もちろん、当時飲食店の副店長という役職を頂いていたので、もったいない!という反対意見もたくさんありました。

ですが、「飲食店を経営していくこと」より、「身体を整えて痛みから解放していく」ことの方が僕ができることの中で、人の喜びレベルって圧倒的に大きいんですよね。これは、お客様の表情から見て明らかでした。

「どうせやるなら人を幸せできる仕事をする」
「生きている内に人に与えられる幸せレベルは大きい方がいい」

そう想い独立しました。
独立するからには、最初は自分だけの仕事になるので、とことんやろう!と思いました。

 

宇宙無重力整体の由来

 

このような経験から、

〇宇宙の要素

・既存の整体やマッサージの施術は誰かがやっています。それでも良くならなかった人たちのためにも限界を決めず無限に勉強していこう

・カラダの可能性は無限大、宇宙のように広く深い
・1部位で見るのではなく、宇宙のように広い視点で考える

・下を向くのではなく、宇宙は上にあるので上を向いていきたい

〇無重力の要素

・カラダだけではなく、様々な障害、詰まり、憤りなども解消して、重力(重圧)を感じないような生活。楽しい生活を送るための身体メンテナンスをしたい

・既存の価値観に囚われない

・自由な縛られない発想で考えていこう

・今まで体験したことのない施術で感動を感じて貰おう

・感動や幸せの連鎖は、整体を受けた人で留まらず、整体を受けた周りの人にも広がって行って欲しい

・フワッとする不思議な整体の施術

これらを掛け合わせて「宇宙無重力整体」と名付けました。

 

その後。そしてこれから。

今では更に勉強していくうちに「頭蓋調整(クラニアル)テクニック」というものが出てきました。最初は、頭から全身を整えるなんて無理でしょ?何かの迷信じゃないの?と思っていましたが、そのフタを開けてみると僕の中の身体の概念が覆るくらいの衝撃がありました。
なんと!頭を触ると身体の色々な筋肉が緩むのです!そして、それぞれの部位を狙って緩ませたり調整ができるのです。そこから、首こりや肩こり、腰痛などの症状が出ていない部位の調整で症状改善をする遠隔施術も不思議な宇宙無重力整体の特徴のひとつとなっています。そして最新の施術は指や手の甲から全身の調整をする施術などがあります。

© 2021

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら